笹川流れの春~その3番外編

笹川流れ周辺は40年位前までは、道路の整備は未だ進んで
おらず自動車の通り抜けはできませんでした。人々は人が
徒歩でやっと通り抜けできるトンネルを通るか、小船を
使うか、鉄道を使うか(羽越本線は大正に開通)しか隣の
集落へ行く手段はありませんでした。

笹川流れのトンネル

上の写真は、眼鏡岩海岸付近にある「旧トンネル」です。
これでも少し幅が拡張されていて、それ以前は人が一人
やっと通り抜けできるトンネルだったそうです。現在は
立入禁止になっています。

ガードレール

現在は道路が整備され交通の不便さがなくなりました。
現在使われていない古いガードレールが錆びています。
このガードレールの下はガケです。

笹川流れの地魚処 天ぴ屋
 日本海「笹川流れ」水揚げの天日干し魚 天然の海水塩 岩船麩 お土産品の販売をしております。

Similar Posts:

  • An interesting discussion is worth comment. I think that you should write more on this topic, it might not be a taboo subject but generally people are not enough to speak on such topics. To the next. Cheers

  • Im thankful for the blog article.Much thanks again. Great.

  • Major thankies for the post. Awesome.

  • Fantastic article post.Really looking forward to read more. Cool.